プロが教える網戸とサッシのお手入れ方法

暑くなってきて窓を開けることが増えてくると、網戸やサッシの汚れが気になります。網戸は部屋の中の汚れや外の汚れをまともに受けているため、掃除をさぼってしまっていると、汚れがたまりやすい場所です。同じく、サッシも雨風の影響を受けて汚れてしまいがちです。砂埃などがたまったままにしておくと、窓の開け閉めにも影響してきます。網戸やサッシの掃除というと、網戸を外すのが大変ですし、水をたくさん使うのが面倒だからと大掃除のタイミングで行う人が多いですが、網戸を外さなくても簡単に掃除できる方法があります。汚れはためずに掃除する方が簡単に落ちますので、いつもきれいに保つためには、こまめに掃除をするのがコツです。100均で売っている掃除用具を使って手軽に網戸やサッシを掃除する方法を伝授します。

網戸を簡単にピカピカにできる方法

まず、網戸とサッシは掃除法が異なります。網戸の汚れは外側と内側で汚れの質が違います。外側は、車の排煙や雨風などに伴って運ばれてくるホコリです。内側の汚れは調理中の油が飛び家の中のホコリが付着したことによるものです。網戸の掃除に必要なものは、メラミンスポンジ、水を入れたバケツ、セスキ炭酸ソーダです。メラミンスポンジ、セスキ炭酸ソーダは100均で買えます。メラミンスポンジをバケツの水に浸して軽く絞り、網戸をこすります。この時、強くこすりすぎると網戸の網が外れてしまいますので、力加減に注意しましょう。メラミンスポンジでこすった削りカスは、水で濡らした雑巾で拭き取ります。これだけでは汚れが落ちにくい場合は、セスキ炭酸ソーダを500mlの水に対して5g溶かしたものにメラミンスポンジを浸してこすります。

サッシを簡単にきれいに掃除する方法

網戸のサッシは、雨水に伴った泥や土埃、煤煙などの汚れがたまりやすい場所です。掃除をするのに必要なものは、使い古しの歯ブラシ、水を入れたペットボトル、食器洗い用の中性洗剤、雑巾です。まずは、サッシのレールにたまっているゴミを、歯ブラシを使い取り除きましょう。ペットボトルの水の中に洗剤を少し混ぜて洗剤液を作ります。それを、サッシの上に少量ずつ垂らします。雑巾をサッシの上に乗せて、その上に歯ブラシの柄を下にして乗せて、歯ブラシごと雑巾でサッシをこすります。汚れが取れたら、雑巾で水拭きをして完成です。汚れがこびりついていて取れない場合は、洗剤液を垂らした後、しばらく放置して汚れを浮かせてから雑巾でふき取っていきます。汚れがあまりたまっていない場合は、水拭きだけできれいになります。

エクステリア館では、家の印象を決める門扉からウッドデッキまで取り扱っています。 当サイト新規会員の方に、次回のお買い物から使える500円分のポイントをプレゼント! DIYをお考えならぜひ「リフォームおたすけDIY」にお問い合わせください。 アルミサッシや網戸はオーダーにも対応します! 施主支給なら、施主こだわりのアイテムがご自宅に取り入れることが出来ます。 網戸やサッシのご相談なら「リフォームおたすけDIY」へ