ワインを買取に出す際に知っておきたいこと

友人知人から贈り物などでワインをもらったけれど、あまり好きではないので飲まないで家に残っている方も少なくないでしょう。嫌々高級なワインを飲むよりも、好きな人が飲めるように買取してもらったほうがワインにとっても本望です。意外に思われるかもしれませんが、ワインは多くの買取業者が買取を行っている商品です。それがたとえプレミアがつくような製品でなくとも、需要が高いためきちんとした値段をつけて買い取ってくれます。したがって、飲まないワインが家に眠っているのならば買取に出すことをおすすめしますが、どうせ買い取ってもらうならば少しでも高い値段で買い取ってもらいたいものです。ここでは、ワインを買取に出す際に高値で売るために知っておきたいことを解説します。

まずはおさえておきたいワインの買取相場

どれくらいの値段で買い取ってもらえるかの一つの目安は、市場価格です。プレミアがつかない通常のワインの場合、市場価格の40%から50%程度が買取相場になります。したがって、たとえば2000円で売られているワインであれば1000円程度で買い取ってもらえますし、5000円で売られているものならば2500円程度で買い取ってもらえます。一方、プレミアがついているワインであれば、市場価格の70%程度で買い取ってもらえます。そのようなワインは市場価格も高いため、買取業者としても高い価格で買い取っても大きな利益をあげることができるためです。ゴルフのコンペの賞品としてもらったものや、ワインに詳しい人から特別な贈り物としてもらったものはプレミアがついている可能性が高いので、買取を依頼する前に自分でどのような製品なのか確認しましょう。

高価買取してもらうためのポイント

ワインを高価買取してもらうためにチェックすべきなのは、ラベルやコルクの状態、付属品です。ラベルはそのワインがどのような製品なのかを証明するものですので、きちんと文字が読める状態であることが好ましく、また見た目がきれいな方が高値で売れますので汚れないような場所で保管しましょう。また、コルクも重要で、コルクが腐ったりしてボトルの中に空気が入ってしまうとワインは腐敗してしまいます。したがって、高温多湿は避け、風通しの良い日の当たらない場所で保管するか、冷蔵庫で保管するようにしましょう。そして高価買取に欠かせないのが付属品です。元箱があればそれだけ見栄えが良くなりますので高値で買い取ってもらえます。かさばりますが元箱は捨てずとっておいた方が良いでしょう。

Comments closed

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし