初心者でも簡単にできる網戸とサッシの清掃方法

夏になる前や、大掃除の季節になると特に気になる網戸とサッシですが、普通に雑巾で拭くと汚れがまだらになるだけで綺麗になったという気分にならなくて、それにも負けず一生懸命掃除をした結果、非常に時間がかかってしまったということは、よくある話です。しかし今は網戸専用の掃除道具も売られていますから、とても便利になったと思います。グッズを使わないで網戸やサッシを掃除する場合、最初にホコリを取ることを必ずします。いきなり水拭きや洗剤で拭いてしまうとホコリを広げる結果になってしまいます。そして網戸などに余計なホコリがからまり、さらに掃除がしにくくなってしまいます。ホコリを取る時は、やはりホウキやハタキですが、刷毛や小さく固めのホウキも使いやすいと思います。また掃除機を使用する時は反対面に新聞紙などを当て吸い込みやすいようにすることが大切です。そして弱めの力で使用します。

網戸は網の隙間の汚れを取ることが重要

余分なホコリを取った後に、洗剤や重曹などを使用して網戸やサッシを拭き掃除をします。洗剤を使用した後は、水拭きですすぎをすることも忘れずにしてほしいです。また網戸を掃除する時、洗剤や重曹を使用して拭き掃除をする際、両側から網戸を挟むように優しくスポンジなどを使用して掃除をします。その後、水拭き、乾拭きと続きます。網戸は極端な話をすれば糸を編んだ隙間だらけのものですから、片面だけで拭くと網の隙間にスポンジなどが入り込まず汚れを落とさないで表面の一部だけが掃除された状態になります。両側から挟むことで、スポンジや雑巾の繊維が重なって網の隙間も掃除ができます。しかしこの作業は二人で作業しなければ難しいので、多くのお助けグッズが売られています。サッシは最初にホコリを取っておけば拭き掃除だけで綺麗になりますが、できれば洗剤を使って掃除をしてほしいです。

便利な商品は有効に活用するべきです

ホコリをとって、洗剤を使って拭いて、すすぎに水拭きをして、乾かすために乾拭きをするという工程は非常に面倒です。そこで便利グッズを使用することで簡単に網戸、サッシの掃除ができれば、時間の節約にもなりますし、今よりもマメに掃除をしようという気持ちになりますから、非常に良い傾向が生まれます。値段も思った以上に高くはないですから、ぜひ一度興味を持っていただければと思います。これらの商品の共通点は洗剤を使用しないため二度拭きの必要がなく、両側から挟みながら掃除をする必要がないということです。これは繊維が網目に入り込み掃除をする仕組みとなっている商品だからです。お金をかけずに掃除をすることは節約と言う面から非常に良いことですが、もし年末の大掃除の時期でしたら、省略できる過程は省いてしまうことも大切です。特に初心者の方は時間もかかりますから、ぜひこのような商品に頼ってほしいです。