汚れをためない網戸とサッシの毎日のお手入れ方法

網戸やサッシは汚れを放置しておくと風通しが悪くなって、腐食の原因になりますので頻繁に掃除しましょう。まず網戸はサッシから外し、室内側を下にして床に置きます。あとは水で濡らしたスポンジや柔らかい布で拭くだけで完了です。油汚れがある場合には水で薄めた中性洗剤で同じく拭き取ります。細かいところには歯ブラシを使うとより効果的です。サッシは一番普及しているアルミ製のもののお手入れを紹介します。まず表面についた砂やほこりを丁寧に取り除きます。隅の清掃も歯ブラシを活用すると便利です。次に水で濡らしたスポンジや柔らかい布で全体の汚れを拭き取ります。こちらも汚れがひどい場合には中性洗剤を使いましょう。最後にかたく絞ったスポンジや柔らかい布で全体を拭き取ります。これで完了、毎日清潔が保てます。

網戸やサッシは何によって汚れるのか

そもそも網戸やサッシはどうして汚れるのかというと、主に外からの要因と中からの要因があります。外からの要因は土埃や排気ガスによる汚れで、中からの要因はタバコのヤニや油分、綿埃による汚れです。これらを放置しておくと、網戸を通して汚れが家に入ってきてのどを痛めたり、サッシの腐食が発生したりします。特に海岸地帯や交通量の多い道路沿いのおうちは外からの汚れが激しく、塩分や排気ガスによる汚損、ひいては健康被害に繋がりますので注意が必要です。また網戸やサッシを清掃する際には、曇りの日をおすすめします。晴れの日は網戸がすぐに乾き、拭いたあとの汚れが固まって落ちにくくなりますが、曇りだと湿気が吸収されて落ちやすくなるためです。今まで年末の大掃除の時にしか掃除していなかったという方は、これを機にこまめに掃除するよう心がけてみてください。

網戸とサッシの掃除に便利なグッズ

先述したスポンジや布、洗剤の他に、あったら便利なお掃除グッズを紹介します。まずメラミンスポンジです。洗剤を使用せず水だけで汚れを落とすタイプの使い捨てのクリーナーで、軽くこすると簡単に汚れが落とせます。ステンレス磨きなどに利用している方が多いですが、網戸やサッシの掃除にも大変重宝します。ただスポンジのカスが周りに落ちてしまうこともあるので、最後によく確認しましょう。次にセキス炭酸ソーダ(重曹)です。これは働きとしてタンパク質を分解し、汚れをよく落としてくれます。網戸汚れだけでなく、壁や床の掃除にも使える便利な商品です。使い方は、水500ミリに対してスプーン一杯のセスキ炭酸ソーダをしっかり水に溶かしてから柔らかい布に付けて網戸を拭き、乾拭きするだけです。値段は500gで150円ほどと非常にお手頃です。ぜひ日々のお掃除グッズの中に取り入れてみてください。