網戸とサッシの汚れを簡単に落とすおすすめ方法

排気ガスや泥まじりの網戸やサッシの汚れは家の中の汚れとは段違いです。さらにレールの形状がデコボコしていて汚れがたまりやすく、掃除がしにくいので普段あまりやらずに年末の大掃除にする人が多いと思います。面倒くさいと思い、ついつい後回しにしてしまいがちです。しかし汚れを放置しておくと窓や網戸の動きが悪くなってしまって、カビやコバエの温床になってしまうこともあります。そんな網戸やサッシの汚れですが正しい掃除方法があり、コツさえ掴んでしまえば簡単に掃除できます。また洗剤やワイパーなどの優秀な掃除アイテムもたくさんあります。そこで今回は簡単に網戸やサッシを掃除する方法とコツ、そしてオススメしたい掃除アイテムを紹介します。なので、ぜひこれからの網戸やサッシ掃除の際に参考にしてください。

網戸やサッシの簡単な掃除方法とコツ

網戸やサッシの掃除のコツは天気です。掃除は曇りの日にします。拭いた後の汚れに湿気が吸収されるので汚れが落としやすくなるので曇りの日に行います。次に掃除方法です。まずサッシ枠のほこりを柔らかいほうきなどで優しく落とします。この時網戸を取り外す方は上から下に落とし、取り外さない方は外側から内側にブラッシングします。この時ほこりが固まって落ちにくくなるので濡らさないよう注意します。次に網目のほこり落としです。内側から外側の順に掃除機で吸い取ります。この時パワーが強いと網戸がたるんでしまう原因になるので弱でかけます。次に洗剤で洗います。スポンジにたっぷり洗剤を含ませ網戸の外側と内側から挟んで拭きます。上から順に両手とも同じ圧力で並行に一方方向に拭くようにします。その後サッシを拭きます。最後に上から順に雑巾などで水拭きします。洗剤が残らないようにしっかり洗い流し、乾拭きをして天日干しをして終了です。

網戸やサッシの掃除におすすめのアイテム

網戸やサッシの掃除におすすめのアイテムを紹介します。まず、中性洗剤です。網戸に直接吹きかける、スプレータイプの洗剤がおすすめです。スプレーした後に濡らしたスポンジでふき取るだけなので、使いやすいです。次に、メラミンスポンジです。メラミンスポンジといえば、ステンレス磨きですが網戸掃除にも大活躍なアイテムです。洗剤や重曹と一緒に使えばより効果が現れますが、濡れたメラミンスポンジでふき取るだけでもきれいに汚れが落ちます。次にセスキ炭酸ソーダです。壁や床の掃除にも活躍しますが、タンパク質を分解し、汚れをしっかり落としてくれるので網戸掃除にも活躍します。水500ミリに対してセスキ炭酸ソーダをスプーン1杯ほど水に溶かし、タオルにつけて網戸を拭いて使用します。他にもたくさん掃除アイテムが販売されているのでそれらを使って簡単に網戸やサッシの掃除をしましょう。