網戸とサッシを効果的に綺麗にする裏技

暑い夏は窓を開けっぱなしにしている家庭も多くなりますが、そんな時レースカーテンが網戸とこすれているのを見て汚れが気になる方は多いのではないでしょうか。しかし集合住宅に住んでいる時は、簡単に網戸を外して掃除をすることや、大量の水を使って掃除をすることができないため、なかなか綺麗にすることができません。しかし網戸を外して、水を使わなくても簡単に綺麗にすることができる掃除方法があるのです。網戸だけでなくついでにサッシも掃除をしてしまえば、気になる部分が一気に綺麗に快適になります。窓を開けても汚れが気にならず、綺麗な風で暑い夏を乗り越えることができるのです。お金を掛けることなく掃除ができるので、集合住宅だけでなく戸建てに住んでいる方にもおすすめの方法となっています。

簡単な道具で網戸もサッシもピカピカに

外側と内側で網戸が汚れる原因は異なります。外側の部分は雨風で運ばれたホコリや水、車の煤煙が合わさった汚れとなります。反対に内側の部分は、部屋に面しているので家中のホコリが付着したものや油が飛んだ汚れとなっています。集合住宅の場合では1階や2階の低層階は外側が、高層階は内側が汚れやすくなっています。用意するものはスポンジと水です。水で濡らしたスポンジで軽く網戸をこすり、網戸についたスポンジカスを取り除けば掃除終了です。同様にサッシも雨水の汚れや煤煙、ホコリが溜まっています。こちらはいらない歯ブラシと水、雑巾や中性洗剤を用意します。歯ブラシで汚れを取り除いた後、水と洗剤を混ぜたものをサッシに垂らして雑巾でこすれば終了です。どちらもとても簡単に掃除ができますが、日頃から細目に掃除をすればより簡単に掃除をすることができます。

家にあるアレを使って簡単に綺麗に掃除ができます

網戸は網目部分に入り込んだ汚れがなかなか落とせず苦労します。そんな時におすすめなのが、エチケットブラシです。本来衣類についたホコリを取り除くのが目的のエチケットブラシですが、網戸掃除にもとても効果的なのです。ホコリを除去するものなので、網戸の細かい網目についている汚れをスッキリと取り除く効果があります。サッシは溝が深くなっている部分があり掃除がし辛い場所です。そんな時は新聞紙を使うととても綺麗に掃除ができます。水に濡らした新聞紙で窓のサッシを拭いた後に、乾いた新聞紙で仕上げ拭きをすれば終了です。雑巾では掃除がしにくかった部分がとても綺麗に仕上がります。どちらも家にある物なので、わざわざ買いに行く必要が無く思い立った時にすぐ行動できるのが嬉しいです。少しのひと手間で、網戸もサッシも簡単にピカピカにすることができます。